Interview

ホテル山楽の女性の働き方

好きなことをより好きになれるように。

プライベートを大切にしながら料理を学べる

子供との時間を大事にしながら働ける

自分のペースでコツコツ働く

ホテル山楽の女性の働き方

槙ノ原

受付

連休とって海外旅行に行くってわがままですか?

ホテル山楽はシフト制ですが、連休などは取りやすい環境だと思います。
私は旅行が好きなので定期的に計画して出かけています。
先日も海外旅行で台湾に行ってきました。仕事から離れてリフレッシュできましたが、そういった旅行先で泊まるホテルや、入るレストランなど、お客様目線で物事を見ることは、お客様に寄り添ったサービスを提供する上で非常に勉強になります。「趣味の旅行もスキルアップにつながる」そんなわがままな仕事がホテル山楽の仕事です。

サービス職未経験からのホテル業

前職は専門職で働いていました。
技術系の仕事だったのでホテル業で行うような接客や事務の仕事は不安だったのですが、ホテルの仕事をしてみたくて山楽への入社を決めました。
入社して、フロントに配属が決まった時は、自分が苦手なことが多いセクションで焦りました。働き始めは、何もわからずあたふたしている間に時間が経っていましたが、慣れてくると自分のペースで楽しく働けてお客様とのコミュニケーションもしっかりとれるようになり、ホテルの仕事が楽しくなってきました。
異業種からホテル業界に転職される方には不安な方も多いかと思います。ホテル山楽にはたくさんの部門があり業務の幅も広いので、今までの経験を活かせるところがきっとありますので、安心して山楽に来ていただければと思います。

風通しの良い会社

ホテル山楽は、部署問わず、スタッフ同士のコミュニケーションが盛んで、上司との距離も近いと思います。
ですので、困った時はすぐに相談ができるし、非常に居心地のいい職場です。年の近いスタッフがプライベートの話をしてくれて緊張をほぐしてくれたり、先輩が親身になって仕事を教えてくださったりしました。私もこれから入社される方に親身になって寄り添っていければと思います。

好きなことをより好きになれるように。

香川

総料理長

料理を好きでいられる環境

料理の仕事をしたい方は、皆さん料理が大好きなんだと思います。だから、毎日料理をしていても飽きないし楽しいのです。ですが、仕事にすると儘ならないことは多々あります。料理がしたいはずなのに、原価や時間の関係で既製品を使うことになったり、分担されすぎて、料理ではなく作業に感じてしまったり。
私自身若い時、そう感じていても諦めて働くしかないと考えている時期がありました。
私が料理長になったからには一緒に働くスタッフに
同じ思いをしてほしくないと考えています。「しっかり料理の技術が学べて活かせる」ホテル山楽の厨房はそんなところです。

楽しく働く環境づくりが私の仕事

「食べる」というのは人間に欠かせないこと。
誰にでも必ずある「食べる」という時間に楽しみを提供する私たちの仕事は、
人に喜んでもらうことが出来る素晴らしい仕事です。
喜んでいただける料理を作るうえで大切なことは、気持ちを込めて作ることだと思います。料理は怒っていたら怒っている味になるし、楽しい時は、楽しい味になります。だから私は、料理長の仕事は「スタッフみんながおいしい料理を作れるように、楽しく働けるチーム作りや、環境づくること」だと考えています。

一緒に料理を楽しみましょう

ホテルの調理場というと、厳しい、怖い、過剰労働だと考える方も多いかもしれません。
その通りの環境がるのも事実ですが、山楽は違います。先ほどお話したように、楽しく作れる環境がおいしい料理につながりますし、個々人の技量の上達が山楽の料理の評価を上げます。だからこそ皆さんがしっかり成長できる環境づくりに、一番力を入れています。私が一人で料理するのではなく、若手の方に教えてその方も作れるようになったほうが、お客様の満足につながると考えています。
ホテル山楽は手作りにこだわって料理しています。ですので、調理経験がある方や学校を卒業された方であれば存分に力を伸ばしていただける環境です。それは、未経験でも料理が好きな方であれば実力をつけることができる環境でもあります。
私達と一緒に楽しく料理をしましょう。

プライベートを大切にしながら料理を学べる

調理スタッフ

プライベートと仕事を両立できる仕事

山楽で働く前は、カフェでパートとして働いていました。働きだしたときは、子供が小さかったので、短い時間でも働かせていただける仕事として選びました。
子供が大きくなり、昔ほど手がかからなくなってくると「もっと働きたい」と思うようになって、転職を考えるようになりました。そんな時に知人から山楽が新規開業で調理補助を求人していると教えてもらい、応募をしました。
今までよりもしっかりと働きたいとは言うものの、家のこともしないといけないので、子供が学校に行った後から、帰ってくるまでの間で平日だけという条件で働かせていただいています。収入も増え、家のこともしっかりできているので山楽への転職は成功だったと思います。

料理をきちんと学べる

山楽の料理は、既製品を使うのではなく、一つ一つ手作りで作るので料理をしっかりと学ぶこともできています。入社したては、野菜を切ったり、料理を盛りつけたりが主な仕事でした。
当時の仕事は家で料理をしていたこともあってすぐにできるようになりましたね。
まだ、入社して1年たっていないですが、1品任せてもらえたりするので料理のスキルもついてきているように感じています。
料理長も優しい方ですし、他のスタッフの方も気さくな方が多いので色々教えてもらえる環境が整っているんじゃないかなと思います。

お客様の声が聞こえる厨房

前職もそうですが、サービス業や調理の仕事をしていて一番うれしいのはお客様から「おいしい」や「ありがとう」といっていただけることだと私は考えています。
働く前は、ホテルの厨房ってお客様から見えるとこにないので、そのような喜びとは無縁になってしまうのかなと思っていたのですが、山楽ではお客様と接する機会もあるので直接お言葉をいただけて毎日の励みになっています。

子供との時間を大事にしながら働ける

上嶋

レストラン・宴会サービス

「家族が好き」休日は家族と過ごします!

休日は家族でいろんなところに出かけています。ホテル山楽では年間105日の休日があり、お休みも比較的取りやすいほうだと思います。最近では子供が大好きなトミカ博に行きました。家族全員で、様々なところに遊びに行き、子供と触れ合い、成長した姿を見られることは幸せだといつも感じます。
また、ホテル山楽では休みの日に受けたサービスなどからも、仕事に活かせることが多いです。そのため、メリハリをつけて休日を有意義なものにできると思います。

働くことが飽きない理由

ホテル山楽の仕事は様々です。朝食やランチの準備業務をしたり、宴会時の会場準備をしたり、ゲストの対応をしたり……。ルーティンワークではなく、お客様に快適にお過ごしいただくため、一人一人望む物も違うので常に満足していただけるサービスを考える事は大変です、しかしお客様の状況を見ながら臨機応変に対応し、「ありがとう」と言う言葉を頂いき、喜んでいただけたときは、強く達成感とやりがいを感じます。とにかくホテル山楽の仕事は毎日毎日が違ったもので飽きることなく、楽しんで働くことができます。

ホテル山楽にしかないものとは

私はホテル山楽を愛してくださるお客様のため、すべてのお客様が満足され、また利用していただきたくなるサービスの提供のために懸命に今できることを、使命感を持ってやりきりたいと思っております。そのためには働いている我々がホテル山楽の理解を深め、お客様に何を提供できるのか、理解することが重要です。
都という地域や伝統文化と一体になり、お客様にサービスや食事を通じて感動体験をしていただく。これから新しく入社する方にもホテル山楽が何をお客様に感じてもらいたいのか理解していただき、ホテル山楽でしか味わえない、働く楽しさや、やりがいを感じてもらいながら働いていただきたいと思います。

自分のペースでコツコツ働く

中井

客室清掃

清掃の仕事も知らずに入社

入社前は「マメな人向いているんじゃないか?」そういう思いがありました。整理整頓が特別得意なわけでもないですし、家での掃除とは違いとても難しいのではないかと不安に思っていました。実際に、入社し清掃させてもらうと、特別な機会を使うわけではなく比較的すぐに仕事を覚えることができました。
お客様と直接お会いすることはほぼないのですが、清掃係の仕事として重要なのは、お客様が快適で違和感なく過ごしていただけるような部屋づくりを意識することだと考えています。丁寧に作業スピードを上げることも重要ですが、アメニティ一つにしてもどこに何があるのかが分かりやすく配置するなど、お客様目線に立ってお仕事をすることが何よりも重要だと思います。

仕事の奥深さ

入社当初、清掃に対して「誰がやっても同じだ」と思っていましたが、ベテランのスタッフさんはまねできないくらい、綺麗に素早く清掃されていて人によって個性の出る仕事だと今では思います。私も同じくらい仕事ができるように、1部屋ごとに目標もって清掃にあたっています。あと、意外だったのは、個人ではなく、チームで仕事を進めることです。遅れている人がいたら手伝ったり、分担して清掃をしたり、皆さんと一緒に仕事している実感もあるので毎日楽しいです。

みんなが家庭と仕事を両立している

私の家族は食べ盛りの子供がいるため夕食の準備は毎回大変です。ですので、夕食をつくれる時間に帰ることができるシフトはとてもありがたいです。また、駅から2分ということで通勤にもストレスないですし、近くに夕食の買い出しをできる場所もあるので大変助かっています。私以外の方も、比較的家事をしなくてはいけない方が多いので、仕事が長引くことは少なくみんなできちっと帰っています。
主婦歴の長い方も多いので「時短料理」や「掃除の仕方」などを教得ていただけるので、仕事だけでなく家事力も上がりました。